あの夏、トラウマになってしまった体臭

気になる体臭にも色々ありますが、私が一番不快に感じる臭いはワキガの臭いです。
なんと表現してよいのか分からないあの不思議な臭い…

ワキガの方と一瞬通り過ぎただけで顔を苦めるような臭いはあの夏の日の事を思い出します。

中学生の頃の体育大会の練習中です。当時私には好きな人がいました。
その男の子は応援団長で、私は応援部員でした。その子はいわゆる学校の人気者で性格もよい男の子でした。

私は、一緒に体育大会の応援が出来るというのでウキウキでした。
しかしある事がきっかけで一瞬で冷めてしまいました。

その日は真夏の暑い日の体育館、体操服姿で応援のフリ練習中に彼が腕を挙げた瞬間、好きな彼と応援ポジションが近かった私は異様な臭いに直面しました。

それが初めて嗅いだワキガの臭いでした。
応援団長だけが腕を挙げて応援を行うシーンだったので、確実に彼から出ている臭いでした。

初めは我慢していましたが、体育館で風の入りも悪い為、私は具合が悪くなってしまいました。
それから彼を見るたびにトラウマのようにその臭いが思い出されるようになってしまい、私の恋は終わってしまいました。

その1回の出来事がトラウマとなり、現在男性とお付き合いする際は体臭が重要視の1つになってしまいました。