「汗臭い」は誤解です

暑いとダラダラ体中から流れ出る汗は、体全体に分布している汗腺であるエクリン腺から出ています。
ここから出て来る汗の99%は水分なので、汗そのものは匂いません。ですから汗が臭いというのは誤解なのです。

汗をかくと体臭がきつくなるのは、汗に僅かに含まれる有機物や皮膚や皮脂などの老廃物が、皮膚常在菌によって分解される時にニオイが発生するからです。
従って体臭対策は、細菌の餌になる物質を残さない様に、体の表面を常に清潔に保つ事が基本です。
即ち毎日入浴して石鹸で汚れを洗い流したり、下着を小まめに取り換える事が大切で、この事を疎かにして香りや制汗剤のスプレーにばかり頼るのは本末転倒です。

例えば足の臭いに悩む人は、一度じっくり足先を眺めてみましょう。
伸びた爪の中に黒い爪垢が溜まっていませんか?

指の間に垢の絡まった埃が残っていないでしょうか。
爪を切ってしっかり指の間までゴシゴシ洗ってやると、案外簡単に気になっていた臭いがなくなるかもしれません。
体臭の原因を正確に理解し、もう一度基本を見詰め直してみましょう。